ポケモンはよくて妖怪ウォッチは難しい?日本アニメが欧米で人気を得るコツとは?

一年ほど前から妖怪ウォッチが北米市場に進出しているようですね。

(2015年)10月5日より米国アニメ専門チャンネルのDisney XDでアニメ放送がスタートします。
ちなみにジバニャンは海外でも“JIBANYAN”、ウィズパーは“WHISPER”です。主人公のケータは“NATHAN ADAMS(ネイサン・アダムス)となります。
電撃オンライン

これ、主人公ケータのアメリカ版の名前がネイサンってちょっと愕然なんですが・・・
ユダヤ系の名前ってちゃんとわかった上でつけたのかな??

もちろん、アメリカの視聴者がどんな印象をもったか、蓋を開けてみないとわからないですけど・・・

よく妖怪ウォッチのライバルとして挙げられるポケモンですが
こちらの主要キャラクターは植物や自然に由来した名前、または新約聖書に由来した名前に変更されていることがほとんどです。
主人公サトシのアメリカ版の名前Ashも樹木に由来した名前です。

ポケモンのアメリカ進出がいかに成功したかは、今年、アメリカ発でポケモンGoというゲームが世に出たことでもよくわかります。

妖怪ウォッチの発売元、レベルファイブは、ここ2年ほど、ウサピョン、メリケン妖怪といったアメリカ出身設定のキャラクターを出し続け、北米を意識した展開を続けています。

確かに利益を考えれば、海賊版の多いアジアより欧米市場を狙いたいのはわかります。

けれど、個人的には妖怪ウォッチはアジア以外では難しいのではないかな?とずっと思っていました。

貿易に携わる一人として、ちょっとそう考える理由を書いてみます。

動物と人間の会話はNG

妖怪ウォッチではジバニャンはじめ、人間の言葉を喋らない妖怪は皆無です。
ジバニャンたちは友達のように主人公ケータに関わってきます。

動物の姿をしたものが人間と会話する・・・これが実はキリスト教的にNGなのです。

アメリカには喋る動物の存在を神への侮辱ととらえるキリスト教徒たちがいます。そうした動物キャラクターが登場することを理由に一部の児童書を禁書にしている州もあるほどです。

ディズニーなどのアニメでは動物が喋っているじゃないかと思われる人もいるかもしれません。しかし、そうした作品では殆どが動物と動物同士で会話しているのです。
人間が参加できない、動物やモンスターたちの架空の世界の会話ということになっているのです。

けれど、くまのプーさんのように動物がクリストファー・ロビンと対等に会話するといった設定はNGと考える人が、キリスト教徒には意外に多いのです。かつてディズニーアニメになっているにも関わらず、プーさんは世界のあちこちで禁書になっています。

もちろんアメリカにもキリスト教に懐疑的な人はいます。しかし、世論を主導するのはやはりキリスト教徒です。

ポケモンの場合、人間と会話できるポケモンはほとんどが伝説ポケモンです。動物に近い普通のポケモンとは違う、特別な存在です。
ロケット団のニャースのみはしゃべりますが、厳しい訓練の末という設定になっています。チンパンジー等は訓練すれば人間と会話できますから、現実における人間と動物の関係と比べてもアリなわけです。
短編映画などではポケモンが人間と会話する作品もありますが、やはり一般的なTVシリーズでは、欧米の普通のアニメ同様、ポケモン(動物)と人間の会話はありません。

でも、妖怪ウォッチの場合、ジバニャンたちがケータと会話できなくなったら、ストーリーが一歩も進められなくなってしまいます。・・・この時点で、妖怪ウォッチは非常に厳しい。

 

またポケモンたちは野生ならば野生動物のように自由にとびまわり、ゲットされれば人間に餌を与えられ可愛がられ、人間を背中に乗せて働いたり・・・人間との関係は、実際の人間と動物の関係とほとんど変わりません。

欧米は動物愛護に関心が高いですから、そこもポケモンが受け入れられやすい理由のひとつかもしれません。

そのせいか任天堂も、ゲーム上でポケモンをたおすとき日本版なら「○○は、たおれた」というメッセージが表示されるところを「〇〇 fainted」(気絶した)と表し、欧米プレイヤーにもたらす心象に気をつかっています。

キリスト教文化圏では東洋文化圏より、人間とそれ以外のとの線引きをはっきりさせないと受け入れられにくい気がします。

アジアで人気の青い猫型ロボットが欧米に進出したにもかかわらず、受けなかった理由は、眼鏡の少年の依存心が強くなまけものすぎる性格のせいだというのが90年代の日本の通説でした。でも、この点を考えると、それだけではなかったかもしれません。

 

死者のよみがえりはNG

ジバニャンは最初から妖怪だったわけではありません。もともとはある少女の飼い猫でした。少女を庇って車にひかれて死んだ猫が地縛霊になった結果→ジバニャン。この設定は名前の由来でもあるようです。

けれどジバニャンはポルターガイストのような霊的な存在ではありません。お菓子を食べたり、アイドルを応援したりもする。姿も生きていた猫の頃とほとんど変わらない。死んだものが正体不明な力とともに生き返ったような存在なのです。

ジバニャン含む、妖怪ウォッチの人気の要である猫型妖怪は、どれも過去に本物の猫として生きていた過去を持っています。

死んだものがよみがえるという設定がキリスト教圏で受け入れられにくいことは、日本人でも容易に想像つくかと思います。

死者のよみがえり。それが許されるのはゾンビか、キリストぐらいです。

ドラゴンボールやナルトのように
服装も人名も東洋風にこだわり、もう少し高年齢層を狙った作品だったなら、異文化ファンタジーとして受け入れられたかもしれません

けれど妖怪ウォッチは見たところ日本国内同様に子供層を狙うつもりでいます。
家庭を持ち子育てしている親は、どこの国でも総じて若者より保守的です。

*****************************************************

ポケモンがアメリカ市場を開拓してから20年になるそうですが、そのローカライズぶりを知ると、アメリカ文化への理解の深さ、対応のきめ細かさに驚きます。模範的という言葉が浮かぶほど。
人気が長続きするのは、長続きするだけの理由があるということなのでしょう。

他の文化圏に商品を売り込むには、自分たちの商品の良さをアピールするだけでなく、相手の文化への敬意と、学ぶ姿勢も必要とされるかもしれません。

 

http://www.sheknows.com/baby-names/name/nathan
https://www.buzzfeed.com/spenceralthouse/classic-childrens-books-that-have-been-banned-in-america?utm_term=.ytzojRWYx#.wlxjb5QP1

<関連記事>
欧米で人気の日本アニメはどれ?

ウォルトの後は? ディズニーのお家騒動

中国で人気のアニメはどれ?

昔アメリカで石をペットにするのがブームに!昭和の日本でも!?

ポケモンはよくて妖怪ウォッチは難しい?日本アニメが欧米で人気を得るコツとは?