日本のマスコミが伝えないトランプ氏の子供達の経歴

第45代目のアメリカ大統領はトランプ氏に決定しましたね。

このニュースは世界中に衝撃を与えましたが、出口調査などからクリントン優勢の予想を出してきたアメリカのマスメディア自身が一番驚いていたのではないかと思います。

どうやら大多数の米マスメディアが反トランプの姿勢を明確にし、彼に悪者のイメージを付与しすぎたせいで、トランプ支持の有権者が自分の立場を正直に伝えるのをためらうようになってしまっていたようですね。
マスコミにマイクを向けられたときにはクリントンと答え、実際の投票はトランプにするといった感じだったのでしょうか・・・。

メディアは世論を誘導しているつもりが、足元をすくわれてしまった。こんな状況を目にしたのは初めてです。

 

勝利スピーチのときのトランプ氏は、家族やスタッフの名を次々に出してねぎらっていました。中にはすでに亡くなった両親や兄弟も含まれていたり。

彼の挙げる家族の名前の多さに内心驚いた方もいるのではないでしょうか。なにせトランプ氏自身が5人ものお子さんを持ってますからね。

娘:イヴァンカさんの結婚の障害とは?

トランプ氏のお子さんというと、皆さん一番に思い浮かべるのはイヴァンカさんでしょう。
モデルをしていた経歴を持つほどの美貌であるイヴァンカさん。選挙期間中はトランプ陣営のイメージキャラクターとして華を添えていました。
結婚相手は同い年のユダヤ系の不動産実業家、ジャレッド・クシュナ氏。彼は現在、タイムズスクエアの半分の権利を持つ資産家としても有名です。
すでに一女二男の三人のお子さんにも恵まれています。三人目のお子さんはまさに選挙戦真っ盛りだった今年に生まれたのだとか。
父親の大統領選の勝利も決まって、イヴァンカさんにとって今年は喜びの多い年だったかもしれませんね。

全てに恵まれているように見えるイヴァンカさんですが、何もかもとんとん拍子にここまで来たというわけでもないようです。
イヴァンカさんとクシュナ氏は2005年から交際を始めていますが、2008年に一度別れています。理由はクシュナ氏の両親の反対だったとか。結局、二人はその翌年に無事に結婚にこぎつけますが、その前にイヴァンカさんはキリスト教からユダヤ教に改宗しています。クシュナ氏の両親が反対した理由は、そこだったのかもしれませんね。

そのような環境のため、イヴァンカさんのお子さんはユダヤ系の幼稚園に通っているそうです。お子さんが彼女に幼稚園で学んでくるヘブライ語を教えあげたりしているのだとか。ユダヤ人の民族言語であるヘブライ語。旧約聖書の原本に書かれている言語でもあります。
いち日本人としては、幼児にそんなことを教えている幼稚園がアメリカにあること自体が驚きですけど。

イヴァンカさんはトランプ氏の最初の妻、イヴァナさんのお子さんです。イヴァナさんは他にもイヴァンカさんの兄、ドナルド・トランプJr氏と、弟のエリック氏もトランプ氏との間にもうけています。

 

イヴァンカさんの兄弟二人の非難されがちな趣味

金髪の持ち主が多いトランプファミリーですが、長男トランプJr氏は写真で見ると黒髪の持ち主です。母親イヴァナさん方のチェコ人の祖父に似ているといわれているそうです。→ドナルド・トランプJr氏の写真
そのせいかはわかりませんが、父親の選挙キャンペーンにおいて、彼は単独ではなく弟妹と共に登場することが多かったとか・・・アメリカのwiki、こんなことまで書くんですね。

けれど子供の頃の彼ら三兄妹の写真をみると、彼も濃い色ではありますが金髪に見えます。黒髪ではないような・・・。→三兄妹と父トランプ氏の写真
父であるトランプ氏も若い頃の写真や映像では褐色の髪色ですが、子供の頃の写真を見ると金髪碧眼です。→トランプ氏の幼少期の写真

白人の髪の色が成長とともに濃くなることは珍しくないといいます。
その一方で、ともに金髪の両親のもとに生まれた子でも、新生児のうちは黒っぽい色のこともあるとか。成長するとちゃんと金髪になるそうですが。
・・・白人の髪の色の決定って、なかなか複雑なようです。

 

選挙活動中、控えめだった兄とちがって、次男エリック氏はイヴァンカさんに次ぐ勢いでマスコミの前に登場しました。こちらは見事な金髪の持ち主。三歳違いのイヴァンカさんの弟です。
エリック氏も兄同様に父の会社の仕事をしており、兄弟仲もいいようです。
二人とも野生動物のハンティングが好きで、アフリカに出向いたときの写真を動物愛護家に避難されたりもしているとか。こうした個人的な趣味への非難に対して、彼らはハンティングは祖父から伝えられた東ヨーロッパの伝統だと反論しています。

 

両親は離婚したものの、イヴァナさんから生まれたこの三兄妹の間には強い絆があるようです。きょうだいが一緒にいる写真は検索すると、とてもたくさん出てきます。トランプ氏にとって頼もしい子供たちでしょう。

 

トランプ氏は後に迎えた二人の妻との間にも、一人ずつ子をもうけています。

二番目の妻、マリアさんとの娘であるティファニーさんについては過去記事「トランプ氏はバツ2、サンダース氏には隠し子?大統領候補の下世話な話」で取り上げています。

現在の妻、メラニアさんとの息子であるバロンくんは、トランプ氏の勝利演説の際、傍らにいた少年ですね。
まだ10歳だそうですが、年齢のわりにしっかりして見えるお子さんでしたね。

 

以下のリンク先ではトランプ一族の写真がたくさん閲覧できます。
子供の頃の写真も多くて面白いですよ。

http://www.newsday.com/news/nation/young-donald-trump-pictures-1.11583814

 

国内外のマスコミによる激しいバッシングと、絶望的な選挙予想を覆し、まさかの勝利をつかんだトランプ・ファミリー。
今後の動向も気になります。

関連記事
ロンドン市長がオバマ氏に「ケニヤの血の大統領」

「アメリカをイギリスの植民地に戻して」アメリカ人の嘆願にエリザベス女王は・・・

白人はアジア人を見下してる!? でも差別はあって当たり前

ユダヤ系サンダース氏をキリスト教トランプ陣営が攻撃。どうなる?

日本のマスコミが伝えないトランプ氏の子供達の経歴