「さくら」も「うさぎ」も歌えない現代の日本の子供たち

アンジェラ・アキさんの「卒業」やSMAPの「世界にひとつだけの花」が学校唱歌になっていることは、広く知られていることと思います。私の周囲の子供たちも、これらの歌をすべて覚えていて暗唱できます。

 

けれど、こうしたポップスを公立学校で教えている裏で、昔ながらの日本唱歌の教育がカットされていることは、あまり知られていません。

 

衝撃だったのは私が「うさぎ」を歌ったときのこと
「うさぎ、うさぎ、何見て跳ねる 十五夜お月さん見て跳ねる」
すると私の周囲の子供たちは
「何その歌?」「知らない、初めて聞いた」

――もう、小学校高学年の子供たちの話です。
この非常に短い歌詞の歌、調べてみると明治時代からの文部省唱歌だったそうです。

子どもたちは「さくら」も知らないという。森山直太朗さんの歌じゃないですよ。
「さくら さくら 弥生の空は 見渡す限り~」
この曲は作者不詳の日本古謡。幕末に江戸で子供用の箏(そう/こと)の手ほどきのために作曲されたといわれています。日本で長い間、引き継がれてきた曲だったんですね。

とはいえ、私も全部歌えるかというと、あやしいですけど。
幼い頃に習って以来、歌う機会もなかなかありませんしね。

 

子どもたち、「かごめ かごめ」や「花いちもんめ」は知ってるんです。
でも「靴が鳴る」は、やっぱり知らない。
「おてて、つないで、野道を行けば みんな かわいい うさぎになって」・・・こんな歌ですね。
そして「どんぐりころころ」は知ってても、たぬきが出てくる「しょじょじの庭」は知らない。

hnaa

今の小中学生の子どもたちの親に多い1960~1970年代生まれの人たちからは
B’zやスピッツ、グレイ、ミスチルなど今も音楽業界の第一線にいる人たちが多く出ています。

けれど、彼らがいつまでも一線扱いということは、つまり若い世代で大御所になれそうなミュージシャンがあまり出てきていないということでしょう。

 

上に挙げた大御所ミュージシャンの多くがまだ幼かった昭和50年代頃まで、日本のテレビやラジオで流れる歌謡曲は演歌や民謡が多かったです。そして、学校では戦前から続く伝統的なメロディを教えていました。現在、アラフォー以上の年齢の多くの方は、往年の演歌や民謡の有名曲を口ずさめるでしょう。たとえ全く好きでなかったとしても。
そうした下地のある上で、かっこいい洋楽を聞いて、洋楽の影響を受けた独特の日本ポップスを生み出してきたわけです。

 

けれど近年の日本の若い世代は、その下地が乏しい。上に書いたように教育機関が教えなくなっただけでなく、テレビでもあまり聞く機会がありません。

 

今、50代~60代に差し掛かる年齢にあたる世代は、演歌などに認められる伝統音楽のメロディにあまり興味がない人が多いです。還暦近くなってもサザンオールスターズが大好き、なんて人が多い。彼らより若い世代はさらに知らないし、興味がありません。そして、テレビもそうした視聴者が好む音楽を多く使用します。

 

1960-70年代以前に生まれた世代とは違い、今の若い世代が育つ過程の中で、伝統音楽を暗唱できるほど身に叩き込める機会は、非常に少なくなっていると言っていいでしょう。

 

今の若い世代が感性を育てるべき年齢に聞いてきたろう音楽の幅のなさと、ミュージシャンとして才能ある人材の乏しさ。果たして無関係でしょうか?
大御所扱いされてるミュージシャンの中で最も若い宇多田ヒカルさんの母親が演歌歌手だったのは、偶然ではないかもしれません。
 

<関連記事>
あの「水中花」を滅ぼすのは日本人?

高度成長期の日本人が語る「禅」。英国BBCが映す40年前の日本の信仰

知ってほしい貧しかった日本

戦後の日本人の原風景はアメリカドラマ

 

「さくら」も「うさぎ」も歌えない現代の日本の子供たち