メキシコ人から見た日本人。これってアメリカ依存の国の特徴?

世界で最もアメリカ依存の国」では日本以上にアメリカに依存する国としてメキシコの名をあげました。

出稼ぎの受け入れ先、最大の輸出先であるアメリカを失っては、メキシコ経済は立ち行きません。
またアメリカ本土の中にも、ニューメキシコなど、元はメキシコ領だったものをアメリカが買い取ったりした地域があります。

アメリカとメキシコ、この二国は歴史的に切っても切れない関係です。

 

さて、そのメキシコの民は、同じくアメリカに依存するアジアの国、日本をどう思ってるのでしょう?

米国サイトQuora内の「メキシコ人は日本人をどう思ってる」(What do Mexicans think of the Japanese people?)では以下のようなコメントがあります。

あなたたち日本の文化が大好き。強盗や殺人のない、そして尊敬と価値観に重きをおくという点で最上級の社会を築いてると思う。
若い人は日本の漫画、任天堂、宮崎駿、鳥山明が好きね。広大で多様な文化が私たちの生活を毎日、豊かにしてくれてる

日本人は親切で礼儀正しいね。彼らの職業倫理には憧れる。勤勉さが好きだし、手工業の文化も好き。彼らの作るアニメが好き。彼らは清潔だと思う

個人的には、私たちのほとんどが日本人に良いイメージを持ってると思う
きちんとして、法をよく守り、勤勉で、創造的なひとたちだ。なので世界のほとんどの国の人が日本文化と日本という国にひきつけられてると思う

2007~2009年ごろ、他のアメリカ企業に工業製品を売っている日本企業で働いていた。そこには品質管理などを担当する日本人スタッフもいた。そのときの印象だけど・・・

彼らは一般的に暮らし向きに余裕があるように見えた。もちろん現地の工場労働者と比べてだけどね。彼らは金銭目的の誘拐の被害にあうことを心配したりしていた。

あと、ちょっと変わっていて細かい品質にうるさかった。

メキシコで働く日本人はほとんどスペイン語が話せないし、英語が話せない人すらいた。だから優秀な通訳がいても、コミュニケーションには問題があったね。でも特に悪い感情はないよ

・・・日本人がほっと胸をなでおろすようなことばかり書いてありますね。
お褒めの言葉も多いです。

おおむね、日本人が海外からこう見られたい日本人像を述べてくれているのではないでしょうか?

メキシコ人から見て、日本人が称賛の対象であるということは、メキシコ人と日本人の価値観が近いことを表しているともいえるでしょう。

 

価値観の一致という点では、非常に面白い資料があります。

次に紹介するのは「ジャパン・インターカルチュアル・コンサルティング」(Japan Intercultural Consulting )という企業のページにある文章の抜粋です。

この会社は主に日本企業の北米進出のあっせんをしているようです。
クライエントのぺージを開くと、トヨタ、ホンダ、ドコモ、三井住友など日本の大手企業の名前が見られます。トップは日本で働いたことのあるアメリカ女性、重役に一橋大学出身の日本人がいます。

この企業は日本人とメキシコ人の特徴について以下のように述べています。内容が日本企業向けと思われるのに、原文が英語な点が、どのような対象に向けられて書かれたのかちょっと疑問ですが・・・でも、非常に面白い内容です。

 

アメリカ人は意見を自由に交換し、たとえ他の人が聞いて愉快でないことでも、思ったことをいう傾向にあります。日本人は一般的にアメリカ人ほど直截的ではなく、対立を避け、よくない知らせはあいまいに表現しがちです。

けれど仕事の場では日本人は問題を非常にはっきり指摘します。ミスを指摘している人物が、ミスを冒した人物より格上の場合は特にそうです。このような場合、叱責は他の人々が見ている面前で行われることさえあります。

そしてメキシコ人はあまりはっきりと表現しない傾向です。特によくない知らせのときは。

 

メキシコ人は人前では同僚と意見を一致させたがる傾向があり、争いや対立を避けたがります。メキシコ人にとってはネガティブな人間関係になるぐらいなら、コミュニケーションを絶ったほうがましなのです。
同様に彼らは悪いニュースを嫌がります。メキシコ社会では真実を知らせるより、相手が聞きたいであろうことを言ってやるほうが好ましいとされることもあります。

このような理由から、メキシコで働く日本人は、メキシコ人の労働者たちが話をするとき、あまり具体的な表現をしてくれない、そのため彼らが何を考えてるのかよくわからないといった不満を持つことが多いです。
そして、皮肉にもこれはアメリカ人が日本人に対して思うことと全く同じなのです。

・・・ちょっとびっくりですね・・。
読まれた皆さんは、どう思われたでしょう?

日本人が持つ中南米一帯への印象というと、なんとなく明るく能天気といったイメージを持たれてる方が多いんじゃないかと思います。

でも、これに書いてあるとおりだと、メキシコ人と日本人は意外によく似た国民性かもしれません。

 

戦後ずっと日本人が頼みに思ってきたアメリカのすぐ下に、日本に似ている国があるって、なんだか不思議ですね。

 

<関連記事>
アメリカ頼みの戦争の末路 日本人なら絶対に知っておくべきベトナム戦争

NHK-BS1スペシャルで知る戦前、戦後のブラジル移民の現実

豊かな北アメリカと貧しい南アメリカ。何が明暗を分けた?

日系ブラジル人が日本人らしさを失った理由

ウォルトの後は? ディズニーのお家騒動

メキシコ人から見た日本人。これってアメリカ依存の国の特徴?