イエス・キリストの実父とは?!ユダヤ教のイエス観

トランプ氏の大統領就任により、娘のイヴァンカさん、彼女の夫であるユダヤ系アメリカ人のジャレッド・クシュナ氏のことも日本のマスコミで頻繁にとりあげられるようになりました。
(関連記事:「日本のマスコミが伝えないトランプ氏の子供達の経歴」)

 

クシュナ氏との結婚に向かう上でユダヤ教に改宗したイヴァンカさん。
一報、クリントン夫妻の娘、チェルシーさんもユダヤ系の男性と結婚していますが、こちらはユダヤ教に改宗したといったことはないようです。
(関連記事:「クリントン夫妻の娘、チェルシーさんってどんな人?ご主人はユダヤ系?」)
クシュナ氏の家はユダヤ教の中でも厳格な宗派を信仰しているといわれていますね。
同じユダヤといっても、いろいろな派閥、考え方の違いがあるようです。

 

ユダヤ教とキリスト教、同じヤハウェ神を信仰している点は同じですね。
アダムとイブや、カインとアベルの逸話が含まれている旧約聖書を聖典としている点も共通しています。

決定的な違いは、イエス・キリストを神の子と認めるかどうかです。

 

一般的に、ユダヤ教徒にとってイエスは最も影響力が強く、結果として最も有害なニセ救世主と考えられています。
伝統的なユダヤ教の解釈だと、メシア(救世主)はまだ現れておらず、救済の時代もまだ訪れていない。イエスに対する見方もネガティブなものです。
権威あるユダヤ教の書物の上では、イエスは神でも神聖な存在でも聖人でもなく、神と人との仲介者でもないとしています。

イエスと使徒の言葉をのせている新約聖書も、彼らにとっては聖典ではありません。

 

ユダヤ教では、メシアが現れるとき、ユダヤ人が母なる土地に戻る、神殿が再築される、神の知恵で地球がいっぱいになる救済の時代がくる、などといった大きなイベントが起こると信じられています。

しかし、イエスが生きている間、こうしたイベントは何もおこらなかった。だから彼は救世主ではないというのです。

 

13世紀になるとヨーロッパのユダヤ人の間で「Toledot Yeshu(イエスの生涯)」という本が流行します。ちょうどユダヤ教徒とキリスト教徒の対立が激しくなっていた時代のことです。

 

この「イエスの生涯」、原本はアラム語で書かれたものではないかとされています。アラム語とは一般的にイエス・キリストが弟子たちを教え、民衆に語りかけた言葉であると考えられています。

 

そして、この本の中では、イエスの奇跡は黒魔術によって起こされたもの、イエス自身もマリアとローマ兵との不倫の結果、できた息子だとされているのです。

イエスの実父とされている兵士の名はパンテラ。

彼の名は日本のwikiにも項目があります。

ティベリウス・ユリウス・アブデス・パンテラ(Tiberius Iulius Abdes Pantera, 紀元前22年頃 – 紀元後40年)は、弓兵第一コホルスに属したローマの兵士である。
2世紀の哲学者ケルススが主張する、イエスの母マリアとのあいだで不義を行い、イエスを産ませたとされるローマの兵士パンテラ(Panthera)を、彼に比定する見解がある

イエスに対して、このような厳しい見解がある一方で、彼をイスラム教のムハンマド同様、神から使わされた聖人の一人と解釈する向きもユダヤ教徒の間に出て来ました。

現在、先進国のユダヤ教徒の多くはキリスト教徒と調和の方向にあるとされています。

http://www.myjewishlearning.com/article/eastern-european-jews-christmas/
http://www.myjewishlearning.com/article/ask-the-expert-who-was-jesus/

関連記事
それホントの毛じゃない。ユダヤ女性の髪はヅラ?!

キリストはイエスの名前じゃない!じゃあキリストって何?

イエス・キリストの本名はジョシュ?弟もいた?

ユダヤ系サンダース氏をキリスト教トランプ陣営が攻撃。どうなる?

 

 

イエス・キリストの実父とは?!ユダヤ教のイエス観