「日本人の知らない中国」 一覧

三国志の関羽の像をもつ日本の寺がいっぱい!?伽藍神の由来

「三国志」をご存知の方は多いですね。ゲームはじめ数々の関連コンテンツが販売されています。横山光輝さんの漫画の画像を使ったCMもテレビで放送されています。 この三国志の中に関羽という武将があります。関羽 ...

黄色人は白人より知能が高いのに、白人が世界の覇権を握った理由

世界でもっとも知能が高いとされている人種は、黄色人です。 (関連記事:「世界のIQランキング。日本人が知らない民族の序列 」) しかし、現在、世界で覇権を握っているとされている民は、アングロサクソンを ...

日本軍が中国で起こそうとした孔子革命 驚きの占領の実態

敗戦前、日本軍は満州国だけでなく、華北の多くの地域を事実上の支配下においていました。侵略と呼ばれることもありますね。 しかし、日本軍がその地で何をしようとしていたかについては、あまり触れられることがあ ...

台湾に孔子の子孫がいっぱい!ちょっと微妙なその内情

日本でも、孔子が山東省の出身であることを知っている方は少なくないでしょう。 しかし現在、孔子の子孫の多くは台湾で暮らしています。 台湾に孔子の子孫が多い理由 孔子の子孫たちが台湾に移住することになった ...

アメリカ人は中国が超大国になると思う?意外な調査結果

中国を隣国にもち、国土をアメリカ軍に囲まれてる日本という国にとって、アメリカと中国の関係は、大きな関心事ですね。 日本という国の将来を占う上でも、重要な鍵といえるでしょう。 今回、おなじみアメリカの大 ...

なぜ中国人の移民は成功しやすい?かつて日本人も持っていて失ったもの

前記事「アメリカに住む日系人 他アジア系と違う点は?」で触れましたように、1910年から1960年頃まで、アメリカでもっとも多いアジア系は日系でした。 しかし、その後は他アジアが増えていき、今は中国系 ...

中国人の地域ごとのIQが一目でわかる地図 日本人のルーツとの関係は?

前回記事「世界のIQランキング。日本人が知らない民族の序列」に引き続いて、今回は中国の地域ごとの平均IQの差を紹介します。 中国国内で実施された調査によると、各地の結果は以下の地図ようになります。 黒 ...

中国人からみた中国人研修生

10年近く前の話ですが、琵琶湖の近くの企業が中国人研修生たちを雇い入れていました。 農村育ちの彼らは、食料をスーパーなど店で買うのではなく、カエルや鳥、魚などを自分たちで狩って、調達してしていたそうで ...

シノワズリ ヨーロッパで中国が先進国だった時代

17世紀のイエスズ会の学者、キルヒャーが中国文化に心酔していたことは「孔子の正体はモーセ?中国人はノアの子孫?近世ヨーロッパの中国観 」で触れました。 キルヒャーは当時のヨーロッパきっての文化人。彼の ...

イエスズ会宣教師を逆に魅了したアジア人て誰?日本でもお馴染みのあの人

イエスズ会というと、日本では一般的に何が想起されるでしょう? 教科書に絵が載っているザビエル、信長との逸話があるルイス・フロイス、そして踏み絵、島原の乱といったところでしょうか?   イエス ...

孔子の正体はモーセ?中国人はノアの子孫?近世ヨーロッパの中国観

かつて中国に惹きつけられ、中国に行ったこともないのに中国に関する書物を発表したヨーロッパの知識人がいます。 その人はアタナシウス・キルヒャー。17世紀のドイツの学者で、ヒエログリフの科学的研究や伝染病 ...

中国のユダヤ人。日本人の先祖がユダヤ人ってデタラメじゃない?!

連日話題が絶えないアメリカ大統領、トランプ氏。彼の娘でありユダヤ系大富豪クシュナ氏と結婚しているイヴァンカさんについて、日本のwikiにこんな記述があります。 (イヴァンカさんは)娘のアラベラには中国 ...

米国CNNが伝えるアフリカと中国の関係のその後

数年前、日本のマスコミが中国のアフリカに対する投資の多さをよく取り上げていた時期がありましたね。 しかし、最近はあまり聞かなくなりました。 中国とアフリカ、そして欧米との関係は現在、どうなっているので ...

中国人の地域ごとのDNAハプロタイプ一覧はこれ!日本人のルーツとの差は?

日本人のY染色体ハプロタイプ、いわゆるD2やO2bといった遺伝子情報にまつわる話題は、日本人のルーツを科学的に考えたい方にとって欠かせないものですね。 日本の研究者、知識人の間では、日本は多様な遺伝子 ...

中国経済崩壊論に対する海外の反応

「米国債保有量で日本が中国を抜きトップに。では3位以下の国は?」で紹介したニュースについて、アメリカの巨大掲示板redditのコメント欄に、とても興味深い書き込みを発見しました。 以下、その翻訳です。 ...

秀吉が中国皇帝の娘を日本の皇后にしようとしたってホント?

英語版wikiには「History of Sino-Japanese relations」(「中国と日本の関係の歴史」)というページがあります。 日本では一般的にあまり知られていない事柄が多くみられ、 ...

中国人は白人と結婚したがらないってホント?世界の反応は?

数年前、イギリスBBCのサイトで、中国人は人種差別的だといった主旨の記事を読んだことがあります。 先進国出身の白人女性が中国人の男性と恋におち、結婚しようとした。 しかし相手の両親が猛反対。白人は友達 ...

中国ではびこる「レンタル白人」とは?

中国のビジネスマンの間では、重要なイベントの際、白人の役者を雇って彼らの近くに立たせるということがしばしばあります。 CNNの記事によると、なぜなら中国人からみると欧米のビジネスマンは成功している、そ ...

犬だけじゃない!中国では鳥も散歩させる!

中国では「遛鳥(遛鸟 Liùniǎo)」と呼ばれる慣習があります。 いわゆる「鳥の散歩」です。 ちなみに犬の散歩は「遛狗」というそうです。 公園などに鳥かごを持ち寄って鳥に外を楽しませてあげる感じでし ...

沖縄人は源氏の子孫?日本のwikiには載ってない琉球王朝の話

中国のサイトには一般的な日本人が知らない日本の歴史の話がよく載っています。 今回は百度百科から、琉球王朝の王族の話を紹介しましょう。 琉球王朝、最後の国王は名を尚泰(しょうたい、ショーテー)といいます ...

中国女性の北部と南部の気質の違いが即座にわかる動画

日本国内で東京人と大阪人に違いがあると言われるように、 中国でも南部と北部で気質に差があると言われています。 中国人の知り合いの方が言うには、北部の民はモンゴルなど漢民族以外の血が入っているというのが ...

いつのまに下がってた中国の自殺率、でも?アジアの意外な自殺率ランキング

10年ほど前、中国が発展してきたことが日本でも話題になるようになってきた頃、中国で自殺が急増しているというニュース番組の特集を見たことがあります。   改革、解放で経済発展するにつれ、仕事と ...

日本皇室は中国の呉の王族の末裔なのか

天皇陛下の生前退位が先日、ニュースになりましたね。 数年後という報道ですが、二年後は平成30年で切りがいいですから、そのあたりが予定されてるかもしれませんね。   さて、日本の皇室が中国の紀 ...

no image

ラストエンペラー愛新覚羅溥儀の遺族はどうなった?

清朝第12代にして満洲国皇帝だったラストエンペラー愛新覚羅溥儀。 日本では弟の溥傑に嫁いだ嵯峨浩と、その子供たち、そして川島芳子にスポットが当たりがちですが、中国の愛新覚羅一族は今どうなってるのでしょ ...

博美犬ってどんな犬?日本人が知らない中国語の犬の名前

以前、月季花って何の花?日本人が知らない中国語の花の名前で 中国語と日本語の名前の違いをいくつかあげましたが 花だけでなく、犬の名前もすごいのがあるんです。 早速、記事タイトルの「博美犬(Bóměi ...

地竜って知ってる?それは犬のマタタビ

中国語で地竜という生き物をご存知ですか? ファンタジーに毒されてる日本人の一人としては大地を司るドラゴン?とか思っちゃいますけど( ^^) _旦~~ 特徴をあげると ・独特のくさい臭いがある ・死骸は ...

やっぱり似ている日本語と中国語

英語を学んでいると、日本語に対して、 あ、これ元は英語だったんじゃないかな?と思う言葉に気づくことがあります。 明治以降、無理やり翻訳して作った言葉使いが日本語として定着したんじゃないかなって &nb ...

月季花って何の花?日本人が知らない中国語の花の名前

牡丹や百合、桜など、中国でも日本でも共通して使われている花の名前は多いです。 けれど、こんな呼び方するの?と驚く漢字が使われている花も珍しくありません。 たとえば「月季花(Yuèjì huā)」 これ ...

no image

占い大国、中国ではあんなものでも占っちゃう

台湾女性の整形手術といえば人相占いの結果を良くするためにホクロを取ったりする手術が多いと聞きます。 日本や韓国での瞼を二重にしたり、鼻を高くしたりといった美容整形とは同じ整形でも目的が違うとか。 よく ...

no image

修羅場の由来/阿修羅と帝釈天はなぜ戦った?

修羅場という言葉は、阿修羅と帝釈天の戦場が由来です。 以下wikiによりますと 阿修羅とは闘争的な性質を持つ仏教の守護神ですが、もともとは古代インドのアスラ神に由来しています。 帝釈天もまた仏教の守護 ...

Copyright© 日本のwikiには載ってないこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.