戦後の日本人の原風景はアメリカドラマ

かつてほどの熱はないものの、日本ではいまだに一戸建ての建売住宅は人気を集めています。
日本の都市周辺で電車に乗っていれば、必ずといっていいほど建売住宅が立ち並ぶ姿を目にします。しかし戦前に建てられた建売を目にすることはありません。一体、どのような経緯で日本に増えていったのでしょう。

img-kodate_graf

新築一戸建て分譲の歴史より

 

上のグラフによると、新築戸建て分譲住宅は1960年代後半に増えていき、70年代にピークを迎えます。

当時は集合住宅といえばマンションより団地、アパートをイメージする人が多く、一方で、庭付き一戸建て=建売住宅は非常に人気がありました。

そしてバブル到来。都内でない、しかも駅からバスを使わなくては通勤できないほどの郊外さえ一戸建てが建ち、しかも高値で売れたことはよく知られています。

 

一戸建て信仰はどこからきたのか

なぜ、こんなにも戦後の日本人は一戸建てにこだわるようになったのでしょう。
シンガポールや香港といった日本より平均個人所得が高い地域でも、戸建てより利便性の高いマンションのほうが人気があるのです。経済的な理由ではないでしょう。

ie_2

1974年に一世を風靡した「あなた」という曲をご存知でしょうか?
この曲の歌詞には未婚女性の一戸建ての家への憧れが綴られています。

「大きな窓と 小さなドアーと
部屋には古い 暖炉(だんろ)があるのよ」
「真赤なバラと 白いパンジー」
「ブルーのじゅうたん 敷きつめて」
「そして私は レースを編むのよ」

この曲のレコードは200万枚売れたそうです。今の感覚でも大変な数ですね。

作詞作曲した小坂明子さんは1957年生まれ。ちょうど終戦して干支が一周回ったところで生まれた方です。この頃になると戦後の貧しさもかなりぬぐい去られていたことでしょう。

それにしても、この歌詞、洋風なモチーフばかり歌っています。
従来の日本家屋を思わせる言葉はありません。

lace

私の高校の頃、小坂さんとほぼ同世代だったろう社会科の教師が、彼らの世代に大きな影響を与えたというドラマについて語ったことがありました。
タイトルは「パパは何でも知っている」です。

 

「アメリカは何でも持っている!」テレビと輸入ドラマの時代

1964年の東京オリンピックを機に、庶民の家庭でもテレビが一般的になります。
貧しさを乗り越えて、ようやく手に入れたテレビという文明の魔法の箱に、日本の子供も大人もかじりついたことでしょう。

この「パパは何でも知っている」は、ちょうどその頃、1962年~64年の間に日本で放送されたアメリカのホームドラマです。
本国で制作されたのは1954年、太平洋戦争の終了からほぼ10年後ですね。
70年代頃まで、日本の民放テレビ局はこうしたアメリカドラマを頻繁に放送していました。日本でスタートレックの知名度が高いのもそのためです。

「パパは何でも知っている」に登場するのは思慮深い営業部長のパパ、夫を立てる聡明なママ、3人の子供たち。古き良き家父長制の家庭です。

そして、テレビをようやく手に入れた日本の庶民から見ると、彼らはまぶしいほど豊かだった。

>馬鹿デカイ冷蔵庫にギッシリ詰まった、これまた馬鹿デカイ牛乳や肉類。
>出てくる料理はどれもレストランのメニューかと見紛うばかりで、
>馬鹿デカイ家に住み、馬鹿デカイ車を乗り回し、
>掃除機や洗濯機、テレビを当たり前のように使っている家庭。

昭和テレビ大全集

 

このドラマの後を引き継ぐようなタイミングで「奥様は魔女」の放送が始まっています。

「奥様は魔女」は今でもたまにパロディや音楽がテレビで使われたりするので、若い世代でも知ってる方は多いのではないでしょうか?

日本では1966年から1970年に初放送。けれども、私の子供の頃の70年代終わり~80年代初頭にも再放送されていました。今でもyoutubeなどで一部を見ることができます。

syoku

裕福な広告マンの夫を持つ魔女サマンサは専業主婦。二階建ての立派な洋式の家には大きなオーブン、ピアノ、娘にはかわいいレースのエプロン、広い玄関には瀟洒な壺が飾られ、もちろん暖炉もあります。庭に花を植えるシーンもある。

まさに、放送後の1974年に大ヒットする「あなた」の世界です。

幸福の幻を追いかけて

戦後の日本人は一生懸命に働き、豊かになっていきました。
しかし、彼らが住みたいと思い描いた家は、昔ながらの和風の美を持つ家ではなく、ドラマで見たアメリカの裕福な層が住むような家。
築きたい家庭は、自分達の育ったような戦前の儒教的な価値観を引きずる家庭ではなく、ドラマで見たような大人と子供がフレンドリーな関係の家庭―――

英語スキルがアジアで底辺といわれるほど低いにもかかわらず、日本人がアジアで一番と言っていいほど欧米風のものを好む理由
―――それは、戦後の多くの日本人の目標が、自分達の先祖や身の周りにいる日本の先人たちの知恵や豊かさではなく、テレビに映る夢物語だったからではないでしょうか?特に女性はそうなのではないかと感じます。

ie

アメリカでは1970年代にウーマンリブ運動がおこり、「あなた」の歌詞のような家に住む専業主婦は過去の1ページになりました。今、多くの日本人がアメリカに対して持っている男女平等なイメージは、まだほんの半世紀程度の歴史のものなのです。それまでは、まさにサマンサのような家庭にいる良妻賢母がアメリカの一般的な女性像でした。

戦後、日本はアメリカのあらゆるスタンダードをコピーしました。当時のアメリカがよしとした専業主婦の女性像も、そのひとつです。

その後、コピー元のアメリカは変化し、姿を変えました。

しかし、日本の場合は、そのスタンダード下での社会が高度成長期~バブルという、明治以降の歴史で最も豊かで成功した時代と重なってしまいました。それが、現代の日本人の中にある、テレビを通して知った豊かさや幸福のイメージとリンクしてしまい、今の保守層の家庭観に繋がっていったのかもしれません。

戦後、日本はずっと西欧先進国をお手本にして、それとともにありたいと願ってきました。
けれど、多くの日本人の心にある欧米のイメージは、ほんとうの欧米の姿からは少しずれた、昭和のブラウン管の奥の実態のない夢の中にあるのです。

 

 

戦後の日本人の原風景はアメリカドラマ